2014年4月21日 (月)

STAP小保方擁護論の社会的損失


 
STAP捏造事件における小保方擁護論の社会的損失は,計り知れない.
今回のマスコミ報道においては,特に早稲田OBや論文盗用容認派を中心に,改竄・捏造を
行った小保方を必死になって擁護する評論家やコメンテーターが多い.
早稲田OBの大学の名誉を守ろうとする行為はある程度理解できるが,これとは別に研究不
正を容認する評論家やコメンテーターの多さには驚きを禁じ得ない.
彼らは自己顕示欲により独自性を強調したいのだろうか,それとも,常習的に改竄/捏造/
盗用を行って,現在の地位を築いてきたのだろうか.
 
このような研究不正を容認する社会がどのようなものになるか,彼らは想像したことがある
のだろうか.
社会科学系の研究なら不正が行われたとしても,その影響は間接的かつ軽微なもので済むか
もしれないが,自然科学系の研究においては,直接的かつ重大な社会的影響が懸念される.
例えば,不正な論文をもとに新薬開発が行われ,死に至る重大な副作用を隠した医薬品が販
売されれば,数百人数千人単位の死者が発生する重大事件に至る可能性もある.
彼らは,この研究不正を行った殺人犯を, "悪意のない誤り" だから仕方ないと言って許し
てしまうのだろうか.
 
捏造/改竄/剽窃等の研究不正は,麻薬と同じで,一度始めると止められないものだ.
どんどん深みにはまり,破滅に至るまで続いてしまう.
特に,学生時代にこのような研究不正を許容するような教育を受けると,悪意など微塵もな
く,平然と不正を行うモンスターに成長してしまうから質が悪い.
研究不正を大目に見て,多少のデータ改竄は許されるような風潮がまん延すれば,研究のみ
ならず,調査や設計などのあらゆるデータの改竄・捏造が横行し,収拾がつかなくなる.
政府が組織的にデータの改竄/捏造を行えば,政府の望むあらゆる政策が実行可能になって
しまう.
社会インフラが捏造/改竄データをもとに整備されれば,コスト増加という経済的な損失や
人命に関わる大惨事の発生のみならず,社会基盤の全面的な崩壊を招きかねない.
 
 日本社会の未来を占う試金石
ここで,小保方に対して厳しい処分ができなければ,研究不正を助長するする気分が蔓延し,
日本の未来は暗いものになる.
小保方について個人的な感情や情緒に流された判断をすると,取返しがつかない事態になる.
不正を行った者は厳罰に処し,科学研究から退いてもらうしかない.
人生は何も研究だけではない.その特別な才能を生かせば,他の分野での活躍も可能であり,
今より幸せな人生がおくれるだろう.
 
理研としては,モンスターを育てた早稲田,東京女子医大,ハーバードの責任を問うことは
できない.ヴァカンティ,小島,大和といったSTAP詐欺の首謀者たちは切れないのだから,
小保方という実行犯を切るしかない.理研は,躊躇なく懲戒解雇にして欲しい.
これはトカゲの尻尾切りではなく,本体(実行犯)切りだろう.
笹井は,管理者としての管理責任はあるが,共著者しては単なる被害者だ.
いとも簡単に騙されて,恥をかいたが,本質的な罪はない.減給3か月ぐらいか.
当然ながら,副センター長は辞任して,研究に専念すべきだろう.
 
不正に対して厳しい処分(社会的制裁)が求められている
・理研:懲戒解雇
・理研:研究費返還請求
・早稲田大学:博士号剥奪(博士号取消し)
・ネイチャー:STAP論文の掲載取消し
・学会:永久追放
 
自然科学/技術/医学分野の研究不正による社会的損失
・経済的損失
・日本の信用失墜
・科学/技術/医学の研究の停滞
・人為的な大災害など
・大規模な薬害など
  
(備考)
1.数学のテスト
数学のテストでは,答が合っていても,途中経過が間違っていれば,間違いになる.
同様に,論文データに捏造・改竄があれば,論文の結果は否定される.
STAP細胞は存在しない,と考えるのが合理的.
これは,論文に捏造/改竄データ以外にも多数の不自然なデータが存在すること,および,
複数の専門家が生物学的な理由によりSTAP細胞は存在しないと指摘していることを合せて
考えると否定できない事実だろう.また,STAP細胞は存在しないと仮定しても,全ての現
象を矛盾なく説明できるとする生物学者が多数いることも参考になる.

2.ドーピング
ドーピングでは,故意や悪意の有無は関係なく,結果が全てで,違反者は,永久追放になる.
論文での改竄/捏造/盗用の認定は事実関係のみでよく,故意や悪意の有無は問わない.
文部科学省のガイドラインでは,不正のないことを科学的な証拠に基づいて証明できなけれ
ば,不正とみなされる.(証明義務は,疑いをかけられた者にある.)
理研の規程においては,理研が研究不正を認定するためには,事実関係のみを認定すれば良
く,悪意の認定をする必要はない.
一方,理研研究者が研究不正を否定するためには,"悪意のない間違い"であることを(実験
ノート等の客観的な証拠により)証明する必要がある.証明が無ければ不正と見なされる.
 
3.研究の質の低下
研究不正が容認されると,内容に実態のないスカスカの論文を量産することになる.
たとえ,日本発のノーベル賞級の研究が年に何本も発表されたとしても,一向にノーベル賞
受賞者が出現しない事態が長年続くことになるだろう.
 
 
(参考記事)
STAP 細胞に関する難波紘二先生の辛辣なコメント
http://blog.fujioizumi.verse.jp/?eid=247
 
大隅典子の仙台通信
STAP細胞を前提にしないと説明できない?
http://nosumi.exblog.jp/20586616/
 
[STAP詐欺]

|

2014年4月19日 (土)

理研の管理能力

■理研の管理能力
 
理研の偉い先生方が,
揃いも揃って,ハーバードブランドの "未熟" な小娘のSTAP詐欺に引っかかったのは,
とんだ赤っ恥です.(※)
恥ずかしくて他人(外部)には言えないでしょう.
 
しかしながら,あくまでも,理研は被害者で,加害者は小保方です.
理研に罪はありません.
素直に,詐欺に引っ掛った事とSTAP細胞がでっち上げ(捏造)である事を認めて,
謝罪しても良いのではないでしょうか.
今の内なら,管理責任はありますが,謝罪だけで済みます.
 
証拠を隠滅し,事実を隠蔽すると,理研は被害者でなく,共犯者となってしまいます.
いずれは隠蔽が発覚し,管理責任者の辞任は避けられなくなるでしょう.
 
この際,追加の不正を申告した "不服申立て" を口実にして,全ての不正指摘箇所に
ついて,詳細かつ全面的な再調査を行うべきです.
STAP細胞の存否,日常の研究活動における不正の有無,不正の動機・背景,ユニット
リーダー採用の経緯等に踏込んだ事実解明がなされなければ,国民の納得は得られま
せん.
理研の管理能力が問われています.
 
(※)研究者としては未熟ですが,詐欺師としは超一流です.
  早稲田,ハーバード,理研とみんな騙されています.
  今回も,ノーベル賞級ではなく,もう少し地味な研究であれば,研究不正は
  発覚していなかった.
 
(注)不正は小保方1人
  理研が組織的にやれば,もう少し高度な改竄/捏造が可能なので,容易には
  発覚しない.
 
[STAP詐欺]

|

2014年4月18日 (金)

STAP検証実験は理研の赤っ恥の照れ隠し

■STAP検証実験は理研の赤っ恥の照れ隠し
 
STAP捏造事件では,当初から,理研には不審な行動がみられる.
元々,理研は研究不正(捏造・改竄・盗用など)に対して,非常に甘く,極力表面化させな
いで処理しようとする隠蔽体質がある.
今回も,中間報告までは,不正はないとしていたにもかかわらず,世論に押されると,わずか
2週後の最終報告では,一転,非常に表面的な調査で,改竄・捏造を認定した.
しかも,調査項目を6項目に限定し,STAP細胞が実在した証拠があるかを検証していない.
これは,どのような意図で行われたのだろうか.
 
恐らく,調査の初期段階で,STAP細胞が捏造(でっち上げ)で,実在を示す生データが残って
いない事に気がついたのだろう.これでは,さすがに隠蔽しようがないので,理研の傷を最小
に抑えるため,研究不正を論文の不正に限定し,日常の研究不正(STAP細胞のでっち上げ)に
までは拡大させない方針をとったのではないか.
 
その仕上げが,検証実験という欺瞞だ.
まず,STAP現象という言葉のトリック用いて,内容を拡大解釈する.
  STAP現象 = 物理的・化学的刺激によるリプログラミング
そして,物理的・化学的刺激を拡大解釈して,物理的・化学的に可能な全ての処理を含める.
 ・重力,遠心力,圧力,熱などの力学的な処理
 ・無機/有機化学的な処理(遺伝子操作,菌・ウイルス・微生物による処理など)
 ・電磁気的な処理
 ・放射線による処理
 ・その他の処理
 
この定義に従えば,iPS細胞や乳酸菌による初期化も,STAP現象の一種になってしまう.
これで,STAP現象は存在したとの結論になり,理研の研究の正当性が主張できる.
小保方に騙されて,在りもしないSTAP細胞の研究に税金を注ぎ込んだ,と非難されなくて済む.
そうそうたる理研の先生方が,揃いも揃って,ハーバードブランド小娘のSTAP詐欺に引っかか
ったとは,恥ずかしくて言えないのだろう.
 
理研の不審な行動の真意は,主に,偉い先生方に赤っ恥をかかせなくない,ということだろう.
(もちろん,組織防衛と個人的保身の側面もある.)
いわば,理研の赤っ恥の”照れ隠し”のために,千数百万円を使うのだ.
 
[STAP詐欺]

|

2014年4月16日 (水)

STAP捏造事件のまとめ

■STAP捏造事件のまとめ
捏造実行犯:小保方晴子
・早稲田大学理工学部 AO入試1期生
・博士課程 常田研究室で捏造・改竄・剽窃の手法を学ぶ.
・ハーバード大学バカンティから着想を得て,STAP細胞を捏造
・STAP論文を提出(不採用,2009年)
・博士論文を捏造,博士号取得
・STAP細胞で理研に潜り込み,研究ユニットのリーダーに抜擢される.
・最初のSTAP論文から,4年間,小保方は,ただひたすら,改竄と捏造の技術,および,
 周囲の研究者を騙すための,手品(細胞すり替え等)の技術を向上させる. 
・STAP論文の捏造・改竄・剽窃が発覚し,理研の信用を失墜させる.
 
(今後の予定)
・論文及び日常の研究不正で,理研を懲戒解雇
・小保方,懲戒解雇の取消しを求めて,理研を提訴
・理研,小保方に研究費返還請求
・早稲田大学,博士号剥奪(博士号取消し)
・ネイチャーが,STAP論文の掲載取消し(撤回)を決定
・研究者コミュニティから追放(研究を発表しても,誰も信用せず,相手にされない)
・検証実験で,STAP細胞が存在していなかった事が判明
 STAP細胞そのものは捏造(でっち上げ)であったが,
 STAPに類似の現象が発見されたとして,理研の正当性を主張
   STAP細胞 ===>  なし
   STAP現象 ===>  あり
・理研,小保方がES細胞(すり替え用)を無断で持出したとして,窃盗罪で告発
・小保方,刑事民事の両方で敗訴,研究不正と窃盗罪で,懲戒解雇確定
  

|

2014年4月 9日 (水)

非の打ち所が無い素晴らしい会見?:STAP

■非の打ち所が無い素晴らしい会見?
 
以前より,マスコミの報道ぶりから,小保方氏が自殺でもしないかと心配していたの
ですが,会見の様子を見ると,どうやら杞憂だったようです.
実に堂々としており,頭の回転が早く,記憶力も抜群で複数の質問をされても,混乱
することがありません.回答の姿勢も真摯で誠実なものに見えます.何より周りの人
を引きつける力を持っているようです.
外形的には,まったく,非の打ち所が無く,完璧でした.
理研のそうそうたる先生方が,騙されるもの無理はありません.
(不正が発覚しなかったら,今でも手玉に取られていたでしょう)
 
しかし,会見の内容は驚くべきものでした.
・STAP論文はデタラメだが,STAP細胞は存在する.
・STAP細胞の作製に200回以上成功した.(毎日作っても何年もかかる?)
・STAP細胞作製に成功した第三者がいるが,名前は言えない.
・STAP細胞の作製法には,コツがあるが,他人には教えられない.
・実験ノートは,4,5冊あるが,見せられない.
・STAP細胞は私が作ったが,STAP幹細胞は若山先生が作った.
 (若山先生は,STAP幹細胞を受取っているはず)
 
ここまで鮮やかに嘘をつかれると,もう,STAP現象そのものが捏造で,STAP細胞の作
製は小保方の手品であった,と考える方が良さそうです.
これらの発言内容は,詐欺師のセリフと考えると,全てが納得できてしまいます.
小保方氏は,希代の詐欺師だったようです.
今後の成行きが楽しみです.
 
今後の予定
・笹井芳樹 副センター長の記者会見
・小保方氏 懲戒解雇
・ネイチャー論文取下げ勧告

|

2014年4月 7日 (月)

理研の規程:STAPスキャンダル

■理研の規程:STAPスキャンダル
 
理研の規程は,「悪意のない」ものを不正から除外していて,非常にあまい規程に
なっているため,小保方氏に勝目があるかの様な報道もなされていますが,それは
間違いです.
理研の規程は,非常に厳しく,不正にならない場合を,非常に狭く限定し,以下の
2つしか認めていません.(それ以外は,すべて研究不正になります.)
  1."悪意がなく",かつ,"間違い" によるものである場合
  2."意見の相違" の場合
 
悪意の有無にかかわらず,改竄,捏造,盗用は,研究不正として処分されることに
なります.
("捏造","改竄","盗用"の定義には悪意の有無という条件は付いていません.)

 
(悪意の有無による場合分け)
   悪意の有る捏造    ×  不正 
   悪意の無い捏造    ×  不正
   悪意の有る改竄    ×  不正
   悪意の無い改竄    ×  不正(小保方氏はこの改竄を認めている)
   悪意の有る盗用    ×  不正 
   悪意の無い盗用    ×  不正
   悪意の有る間違い   ×  不正
   悪意の無い間違い   ○  OK
   意見の相違      ○  OK
 
(まとめ)
研究不正となる場合
  ・捏造,改竄,盗用(悪意に無関係)
  ・悪意の有る間違い
研究不正でない場合
  ・悪意の無い間違い 
  ・意見の相違    
 
 
●理研の「科学研究上の不正行為の防止等に関する規程」
------------------------------------------------------------------------------------
(定義)
第2条 この規程において「研究者等」とは、研究所の研究活動に従事する者をいう。
2 この規程において「研究不正」とは、研究者等が研究活動を行う場合における次の各号
  に掲げ る行為をいう。ただし、悪意のない間違い及び意見の相違は含まないものとする。
(1)捏造 データや研究結果を作り上げ、これを記録または報告すること。
(2)改ざん 研究資料、試料、機器、過程に操作を加え、データや研究結果の変更や省略
  により、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。
(3)盗用 他人の考え、作業内容、研究結果や文章を、適切な引用表記をせずに使用すること。
-------------------------------------------------------------------------------------
 

|

2014年3月27日 (木)

STAP細胞信者

■STAP細胞信者
STAP細胞事件で話題の小保方氏については,博士論文についても疑惑が持上がり,常習的に,
論文の剽窃・捏造等を行っていたことがほぼ確定しました.
 
しかしながら,世間では,まだまだ,STAP細胞の存在を信じている方がいるようです.
これは,理研の当初の広報が如何に効果的だったかを示すものです.
論文が捏造だったと判明した現在においても,まだ,STAP細胞信者いるのですから,テレビ・
新聞等のマスコミの力が如何に絶大であるかが分かります.
 
もし,マスコミが何らかの意図をもって,一大キャンペーンを行えば,実際には存在しない物
でも,存在することになってしまうのです.特に,STAP細胞の場合の理研やネイチャーのよう
な何らかの権威を利用すれば,効果はさらに絶大で完璧です.後になって,それを完全に否定
することはほぼ不可能になってしまいます.たとえ存在しない事が判明しても,必ず,少数の
信者が残り,説得すればするほど頑になり,当初の信念を貫こうとします.
非常に恐ろしいことです.
 
現在,マスコミは,STAP細胞に否定的/批判的な論調に変りつつあり,小保方氏を擁護するコ
メンテーターもだんだん少なくなってきています.あと1か月もすれば,擁護するものはいな
くなるでしょう.それでも,STAP細胞信者は,STAP細胞事件そのものが忘れられてしまうまで,
存在し続けるのです.
 
このままでは,いずれ,マスコミの恣意的な誘導により,社会全体が一斉に誤った方向へ動き
だすような時代が来るかもしれません.
非常に残念です.
 
(補足)
捏造がほぼ確定した現在でも,「STAP細胞という成果を死守しなければならない」と主張する
有識者がいるのが現状です.
==> 有路昌彦/近畿大学農学部准教授
『水産業、迫られる国内偏重から海外進出の戦略転換と、その経済効果~STAP騒動の問題点』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140328-00010001-bjournal-bus_all&p=1
 
(信頼性の高い情報)
広島大学名誉教授 難波紘二先生のコメント一覧
http://blog.fujioizumi.verse.jp/?eid=247
 

|

2014年3月14日 (金)

SKEY

SKEY
$6860 78a2 1f9a 2bf2 cac8  //2014/03:1600
$0a6f 4ceb 3488 3668 ca28  //2014/04:1600
$0172 5c25 3d10 01dd ca08  //2014/05:1600
$154e 2c81 74f3 32a9 ca68  //2014/06:1600
[HP200LX/LXDIC]

|

2014年3月10日 (月)

STAP細胞論文は取り下げへ

■STAP細胞論文は取り下げへ
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140310/k10015868081000.html
----------------------------------------------------------------------------------
論文の共同著者の一人でSTAP細胞の万能性を調べる重要な実験を担当した、若山照彦
山梨大学教授が、10日、NHKのインタビューに答えました。この中で若山教授は「信
じていた研究のデータに重大な問題が見つかり、STAP細胞が本当に出来たのかどうか
確信がなくなった。論文はいったん取り下げた上で、外部の人に検証してもらうべきだ」
と述べた上で、小保方さんを含む共同著者に論文の取り下げに同意するよう呼びかけたこ
とを明らかにしました。
----------------------------------------------------------------------------------
 
論文データの捏造は,ほぼ確定のようです.
 
 
日本分子生物学会 理事長声明
http://www.mbsj.jp/admins/statement/20140311_seimei.pdf#search='%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%86%E5%AD%90%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%81STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%AB%96%E6%96%87'
--------------------------------------------------------------------------
                         2014 年3 月11 日
                            
    理事長声明『STAP 細胞論文等への対応についての再要望
    
                  特定非営利活動法人 日本分子生物学会
                           理事長 大隅 典子
                           
 日本分子生物学会はSTAP 細胞論文等に関わる問題について憂慮し、3月3
日付けで、理事長声明と言う形で理化学研究所に今後の規範となるような対応
の要望を出したことは周知の通りです。
 
 その後、著者の一部から、プロトコールという形で3月5日に実験方法の一
部詳細が発表されました。しかし、その内容はむしろ論文の結論に新たな疑義
を生じるものでした。その結果、ここ数日、研究者コミュニテイーだけでなく
社会的にも著しい混乱を招いております。そのような状況の中、昨日3月10
日付で共著者である山梨大学の若山照彦教授から「STAP 細胞の存在について確
証が持てない」という趣旨の発表がありました。
 
 科学論文は実験結果に基づき、その正当性が初めて保証されます。残念なが
ら、今回の論文等に関しては、データ自体に多くの瑕疵が有り、その結論が科
学的事実に基づき、十分に担保されているものとは言えません。また多くの作
為的な改変は、単純なミスである可能性を遙かに超えており、多くの科学者の
疑念を招いています。当該研究の重要性は十分に理解していますが、成果の再
現性は別問題として、これら論文に対しての適正な対応を強くお願いします。
 
 日本分子生物学会は、以下のことを理化学研究所に強く要望します。そのよ
うな対応が研究の公正性を維持し、日本の生命科学のさらなる進展に繋がると
考えられ、また今後の規範になることを信じています。
 
1 Nature 論文2報(Nature 505, 641-647, 2014; Nature 505, 676-680,2014)
  に関する生データの即時、かつ、全面的な開示、および、同論文に対して
  の迅速かつ適切な対応(撤回、再投稿などを含む)
2 このように公正性が疑われるような事態を招いた原因に対する詳細な検証
  と報告
  
 我々、日本分子生物学会は、今回の件を決して一案件として捉えている訳で
なく、科学者を取り巻く環境を含めた、研究に内包する喫緊の問題として、自
省、自戒を持って、過去の同様なケースと共にこの問題を注視しています。今
後の報告を含め、様々な事案を検討することで、我々、研究者が今一度、研究
の公正性を含む研究倫理の問題として再度真剣に把握、分析し、システムの改
善の努力に取り組む所存です。責任ある健全な研究成果を社会に対して発信す
るためにも、我々も襟を正してまいります。
--------------------------------------------------------------------------
 

|

2014年3月 8日 (土)

ビットコイン:巧妙な詐欺システム

■ビットコイン:巧妙な詐欺システム
ビットコイン考案者「中本氏」を特定、64歳日系米国人 米誌
AFP=時事 3月7日(金)7時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140307-00000002-jij_afp-int
------------------------------------------------------------------------------------
 ニューズウィーク誌によると、オリジナルコードの開発者らへの報酬は全てビットコイン
 で支払われた。ナカモト氏に支払われた報酬は現在の相場で4億ドル(約412億円)になっ
 ているとみられるという。
------------------------------------------------------------------------------------
 
ビットコインのシステムでは,その立上げ時に,システム開発者に報酬として,多額の
ビットコインが発行されている.当然,その他の関係者にも,多額のコインが発行され
ていると見るのが自然だろう.
また,実通貨あるいは金融又は実物資産の裏付けなしに発行される現在のビットコイン
の発行方法にしても,公正な発行方法とは言えない.
このようなシステムが,はたして,公正に運営されると期待できるのだろうか.
 
結局,これは,ネズミ講と同じで,初期投資者だけが確実に巨額の利益を得ることがで
きる巧妙な詐欺システムという一面を持っている.
 

|

«史上空前の論文捏造:ヘンドリック・シェーン