« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

BATTLOGとSTAT100の電圧表示

■BATTLOGとSTAT100の電圧表示
BATTLOGとSTAT100の電圧表示には,誤差がある.

[参照]HP200LXの電池電圧測定
http://hp200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/hp200lx-437d.html

●HP200LXの電池電圧(Int 15h, AX=6000h, 6001h)
 測定範囲:1.57V~3.3V
 最小単位:(3.3-1.57)/63 = 0.02746V
 戻り値 :0~63の整数値(v)
     6bitのADCなので,戻り値 v の上限は,63(0011 1111)

"Developer's Guide"によると,電池電圧の計算式は以下のようになる.
 (A)   V = [(3.3-1.57)/63]*v + 1.57
       = 0.02746*v + 1.57

この値と,battlogやstat100が表示する電圧には,微妙な違いがあり,
以下の式を使っているように見える.
 (B)   V = [(3.3-1.57)/64]*v + 1.57
       = 0.02703*v + 1.57

上限(v=63)のとき,(A)では V=3.3 ,(B)では V=3.27 となるので,(B)に
は整合性がない.


○本来の(A)式を使うと現われるはずのない,数値が出現する.(Ver1.4)
(Main):2.27,2.29
Elsd727b

○リチウム電池の電圧が3.3Vに届かず,3.27Vが上限になっているように見える
Batt01


○STAT100の表示例 (戻り値v=34,50のときの表示)
Stat100e_3 


○近似式の可能性
浮動小数点数を使わずに,整数(short int)で計算する場合
 (A)を変形 ==> 1000*V = 27.46*v + 1570
          1000*V = 27*v +46*v/100 + 1570
ここで,第2項 46*v/100 を無視して,
          1000*V = 27*v + 1570
と近似した可能性がある.
.
.
.
電圧の計算例
v     (A)      (B) 
------------------------------
25   2.2565    2.2458
26   2.2840    2.2728
27   2.3114    2.2998
28   2.3389    2.3269
29   2.3663    2.3539
30   2.3938    2.3809
31   2.4213    2.4080
32   2.4487    2.4350
33   2.4762    2.4620
34   2.5037    2.4891
35   2.5311    2.5161
36   2.5586    2.5431
37   2.5860    2.5702
38   2.6135    2.5972
39   2.6410    2.6242
40   2.6684    2.6513
41   2.6959    2.6783
42   2.7233    2.7053
43   2.7508    2.7323
44   2.7783    2.7594
45   2.8057    2.7864
46   2.8332    2.8134
47   2.8606    2.8405
48   2.8881    2.8675
49   2.9156    2.8945
50   2.9430    2.9216
51   2.9705    2.9486
52   2.9979    2.9756
53   3.0254    3.0027
54   3.0529    3.0297
55   3.0803    3.0567
56   3.1078    3.0838
57   3.1352    3.1108
58   3.1627    3.1378
59   3.1902    3.1648
60   3.2176    3.1919
61   3.2451    3.2189
62   3.2725    3.2459
63   3.3000    3.2730
------------------------------

[HP200LX]

|

2011年7月24日 (日)

SDHC用アダプターは消費電力が大きい

■SDHC用アダプターの消費電力
ライトスリープを無効にして放置し,電池の持続時間を測定
SDHC用アダプターの消費電力が,非常に大きいことを確認

測定条件
 使用電池:eneloop Min.1900mA
 使用機 :倍速,6MB RAM,4GB SD,シリアルOFF
 ライトスリープ:無効に設定
 ドライバー  :acecard3, hppowerを使用
使用アダプター
 SD    :Panasonic BN-SDAGP3
 SDHC   :SANWA ADR-XMSMP3
      :Panasonic BN-CSDACP3
 microSDHC:PhotoFast CR-7100
 

●SDアダプター(BN-SDAGP3)使用時:60~66時間
Ene01

Ene02


●SDHCアダプター(ADR-XMSMP3)使用時:16時間
 電池の持続時間が,大幅に低下している.(60 ==> 16時間)
Ent07241
○SDHCアダプター(ADR-XMSMP3)使用時:16時間[標準速でのデータ]
En07261
(倍速と標準速で,時間は殆ど変らない)


○microSDHCアダプター(CR-7100)[標準速,2MB,8GB-microSDHC]:22時間
Ent0725

○SDHCアダプター(BN-CSDACP3):[標準速,2MB,4GB-SDHC]:22時間
Enpcf727


SDHC用のアダプターは,消費電力が大きく,電池の持続時間は,SD/CFの場合に
比べて,1/3~1/4程度になっている.
(消費電流推定値:70~100mA)
 
(注)これらは,何も作業をしていない状態で,LXを放置した場合のデータ.
   何らかの作業をすれば,電池の持続時間は,その分減少する.

[HP200LX]

|

2011年7月22日 (金)

HP200LXで使えるSD用のアダプター

■HP200LXで使えるSD用のアダプター
4GB-SDで実際に確認したもの

●SD(非SDHC)用アダプター
メーカーを問わず,2GB対応のものは,使える可能性がある
ドライバ:標準(内蔵)ドライバーで認識できる
消費電力:小 (CFと同程度)

(SD --> PCMCIA)
・Panasonic BN-SDAGP3
・Panasonic BN-SDMAAP3
・Panasonic BN-SDAAP3

(SD --> CF)
・Panasonic BN-CSDABP3

[参考データ]
○SDHC用アダプター
SDHC用のアダプターは,消費電力が大きくなり,事実上使用できない
ドライバ:標準(内蔵)ドライバーでは認識できない
消費電力:大

(SD/SDHC --> PCMCIA)
・SANWA マルチアダプタ ADR-XMSMP3(acecard3使用)[大]
・ELECOM  MR-PCA12(acecard3使用)[特大]

(SD/SDHC --> CF)
・SANWA SDHC用CFアダプタ ADR-SDCF(acecard3使用)[大]
・Panasonic BN-CSDACP3(acecard3使用)[大]

(microSD/SDHC --> CF)
・PhotoFast CR-7100(acecard3使用)[大]


(注)http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=ADR-XMSMP3
SANWA ADR-XMSMP3の仕様には以下のような記述がある.
-----------------------------------------------
<注意事項>
※スタンバイ・休止・スリープ機能には対応していません。
-----------------------------------------------
消費電流  100mA(5V)
-----------------------------------------------

上記製品は,常に最大出力で,省電力機能を持たない.
SDHC用アダプターは,全て同様の仕様になっている可能性がある.


[HP200LX]

|

2011年7月16日 (土)

HP200LXの電池電圧測定

■HP200LXの電池電圧測定
HP200LXには,メインバッテリーとバックアップバッテリーの電圧を測定する
システムコールが用意されている.
 測定範囲:1.57V~3.3V
 最小単位:(3.3-1.57)/63 = 0.02746V
 戻り値 :0~63の整数値(v)
電圧の計算式
     V = [(3.3-1.57)/63]*v + 1.57

●メインバッテリーの電圧測定
Int 15h :System Services Interrupt
AX=6000h:Measure System Battery Voltage
 Input:    AX = 6000h
 Output:   AX = Measured value (0~63)
        CARRY set if one or more samples is "Out-Of-Range"
 Registers modified: AX, FLAGS

●バックアップバッテリーの電圧測定
Int 15h :System Services Interrupt
AX=6001h:Measure Backup Battery Voltage
 Input:    AX = 6001h
 Output:   AX = Measured value (0~63)
        CARRY set if one or more samples is "Out-Of-Range"
 Registers modified: AX, FLAGS

[HP200LX]

|

2011年7月15日 (金)

LXDICの検索進行状況表示

■LXDICの検索進行状況表示
LXDICでは,検索実行中の途中経過として,当該のブロック番号を表示している.
これは,もとはデバッグ用の表示であったが,検索の進行状況が分かるので,現在も
そのまま表示している.


検索実行中の画面 (右の数字が16進ブロック番号)
Block01
(この画像は,検索終了時点で停止するテストプログラムでとっている)


[HP200LX]

|

2011年7月12日 (火)

ライトスリープ制御とHPPOWERの制御

■ライトスリープ制御とHPPOWERの制御
いずれも省電力のための制御であるが,制御対象が異なる.

・ライトスリープ制御
 CPUクロックのON/OFFを制御して,CPUの消費電力を削減する.

・HPPOWERの電力制御
 カード待機時の供給電力を制御して,カードの消費電力を削減する.
(ライトスリープとは独立した制御)

通常,倍速の場合,ライトスリープで速度は90%低下する.(速度は10%)
カードの電力制御が行われず,カードに常時大きな電流が流れると,ライト
スリープ制御による速度低下は10%(速度は90%)にとどまるが,ライトリ
ープ制御は,依然として機能しており,オートパワーオフも正常に動作する.
 
HPPOWERを使うと,動作が遅くなることがあるが,大部分はライトリープが
原因の速度低下であり,ライトスリープを無効にすれば,解消されることが
多い.

(運用方法)         (速度)  (消費電流mA)  中央値
HPPOWER:○ LightSleep:○   10%    30~ 40     35
HPPOWER:○ LightSleep:×  100%    30~110     70
HPPOWER:× LightSleep:○   90%    110~180    145
HPPOWER:× LightSleep:×  100%    110~190    150
(消費電流の数値は推定量:CPUの稼働状態により変化.シリアルOFF)
(中央値は,CPU稼働率50%のときの消費電流)

[参考]HPPOWER.COMのドキュメントの抜粋
----------------------------------------------------------------------
HPPOWER.COMについて
 SanDiskの32Mbitフラッシュチップ(*1)を使ったフラッシュカードにおいて、
初期の段階で出荷された製品に次の様な不都合がありました。(*2)
・未使用時(スリープ時)の消費電流が読み込み時と変らないため、電池寿命が
 16Mbitフラッシュの時より短くなってしまった。
今回配布するHPPOWER.COMはこの問題を常駐ソフトのかたちで回避する物です。
----------------------------------------------------------------------
[HP200LX]

|

2011年7月10日 (日)

ライトスリープ関連データ

■ライトスリープ関連データ
・2倍速フルスピードのCPU電流 ≒ SD/CFカード読込時の電流
・2倍速ライトスリープは,処理速度が極端に低下する.(1/10)


●CPUの消費電流
          標準速  2倍速
---------------------------------------
Light Sleep時    20mA   20mA
フルスピード時    43mA   90mA
---------------------------------------
[HARDWARE BIBLE p.325より]

●システムの速度
          標準速  2倍速
----------------------------------------
Light Sleep時    18    18
フルスピード時    100    200
----------------------------------------
(テストプログラムによる計測値:標準フル=100)

●hppower.comによるカード電流の変化
(200LX倍速5M-RAM  印加電圧3.0V)
      ドライバあり ドライバ無し
----------------------------------------
OFF電流    0.6mA    0.6mA
ON直後    120mA    120mA
 暫く後    20mA     78mA
シリアルON   25mA     80mA
書込み時   150mA    150mA
----------------------------------------
[hppower.comのドキュメントより]

●hppower.comによるカード電流の変化2
(倍速6MB,FLASH-PACKER 40)
hppower.comなし    99.7~99.9mA
hppower.comあり     22~25mA
[HARDWARE BIBLE p.98より]
 
●電源OFF時の消費電流
 0.3~0.5 mA
http://hp.vector.co.jp/authors/VA006708/battlog/jp/MyLatest.html
 
[HP200LX]

|

2011年7月 6日 (水)

HP200LX:hppowerとacecard3

■HP200LX:hppowerとacecard3

●hppower.com
HP200LXの標準ドライバーのカード電力制御の不備を修正する常駐プログラム.

●acecard3.com
HP200LXの標準ドライバーで対応できないカードに対応したデバイスドライバー.
非常に良くできており,殆ど全てのカードで使用可能で,電力制御も適切に行わ
れている.
したがって,acecard3を使用する場合,hppowerを併用する必要はない.

標準ドライバーの電力制御に,対応していないカードを使用すると,カードには
常時,大きな電力が供給されてしまう.(80~100mA程度の電流)
正常な制御では,稼働時120~150mA,待機時20mA程度になる.

 
●電力制御が正常な場合と異常な場合の電池の持続時間(eneloop Min.1900mAh)

4GB-SD:ライトスリープ無効,acecard3.com使用(電力制御:正常)
(シスマネ上で,BATTLOGを表示した状態で測定)
Ene01
Ene02

4GB-SD:ライトスリープ無効,acecard3, hppower未使用(電力制御:異常)
Ene03_2
(持続時間が1/3以下になっている)
 
[HP200LX]

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »